呪いについて

 

呪いにはいろいろな種類がありますが、当社では丑の刻参り

にて呪術を行なっておりますので丑の刻参りについて簡単に書いてお

きます。

丑の刻(午前1時から午前3時ごろ)に神社の御神木に憎い相手に

見立てたわら人形を五寸釘で打ち込む呪術のことです。

この丑の刻参りは古くから行なわれており、鎌倉時代後期に書か

れた裏平家物語として知られる屋代本「平家物語」「剣之巻」にも

登場します。

また、行なう際は白装束を身にまとい、顔に白粉を塗り、頭に五徳

をかぶってそこにろうそくを立て、一本歯の下駄を履き、神社の御

神木にわら人形を鬼門の方角に打ち付けます。


戻る